漢方外来(漢方内科)

漢方
漢方薬が有効な病気や症状
 以下のような病気や症状があり、これまでの治療の効果が不十分な場合には、漢方薬を併用すると有効なことがあります。このような病気や症状でお困りの方は、お気軽にご相談ください。
  • がん(気力と体力の低下、治療の副作用や後遺症によるさまざまな症状)
  • 全身(全身倦怠、気力低下、食欲不振、冷え症、のぼせ、むくみ、寝汗、慢性頭痛、多汗症、慢性疲労症候群)
  • 消化器(過敏性腸症候群、胃もたれ、腹部膨満、慢性下痢、慢性便秘、慢性膵炎、脂肪肝)
  • 循環器(低血圧、動悸、のぼせ、めまい、立ちくらみ)
  • 呼吸器(気管支喘息、副鼻腔気管支症候群)
  • 婦人(生理不順、生理痛、月経前症候群、更年期障害、不妊症)
  • 小児(虚弱児、夜尿症、夜泣き、チック、小児てんかん、多動性障害)
  • 皮膚(アトピー性皮膚炎、にきび、慢性蕁麻疹、脂漏性皮膚炎、乾癬、皮膚乾燥症、ヒビ、しもやけ、かゆみ、掌蹠膿疱症)
  • 整形(肩こり、四十肩、頸肩腕症候群、腰痛症、膝関節痛、バネ指、こむら返り)
  • 口腔(口腔乾燥症、口内炎、舌痛症、味覚異常、歯周病、顎関節症)
  • 耳鼻咽喉(慢性中耳炎、慢性副鼻腔炎、咽喉頭異常感、花粉症、アレルギー性鼻炎)
  • 眼(眼精疲労、かすみ目、眼瞼けいれん、ドライアイ)
  • 精神(不眠、不安、抑うつ、いらいら、不安神経症、自律神経失調症、認知症に伴う症状)
  • 神経(三叉神経痛、坐骨神経痛、帯状疱疹後神経痛、抗がん剤による手足のしびれ)
  • 代謝(肥満症、高脂血症)
  • 泌尿器(夜間頻尿、尿失禁、残尿感、慢性膀胱炎、ED)