診療案内

診療科目

 当院では、内科、消化器内科、漢方内科、腫瘍内科(がんサポート外来)の診療に加え、自由診療で、セカンドオピニオン外来、鍼灸治療、点滴療法を行なっています。
 内科と消化器内科では、通常の西洋医学的診療を行いますが、患者さんのご希望や治療上必要がある場合は、漢方治療を併用します。
 漢方内科では、西洋医学による治療の効果が不十分な患者さんや、漢方治療を希望する患者さんに、漢方薬による治療を行います。
 腫瘍内科(がんサポート外来)では、がん患者さんのさまざまなニーズに応えます。症状を和らげ、気力と体力の回復をはかり、ご闘病をサポートします。
 セカンドオピニオン外来では、標準治療が無効となったがん患者さんや標準治療が受けられないがん患者さんに、統合医療の立場から「次の一手」を提案します。
 鍼灸治療では、体表面のツボを鍼や灸で刺激して「気」の流れを整え、痛み、冷え、しびれ、不眠、不安、食欲不振など、さまざまな症状を改善します。
 点滴療法では、さまざまなビタミン、ミネラル、機能性成分を組み合わせて静脈内に点滴投与します。疲労感や筋肉痛の改善、美肌・美白・アンチエイジング、がん患者さんの元気回復などの効果が期待できます。

  • 診断風景
    内科 保険診療

     発熱・風邪・インフルエンザなどの急性感染症、花粉症やじんましんなどのアレルギー疾患、高血圧症・高コレステロール血症・糖尿病・痛風などの生活習慣病、頭痛・めまい・不眠などのストレス疾患、肩こり・腰痛・神経痛などの疼痛性疾患など、日常よくみる病気に幅広く対応します。食事や運動などの生活指導も含め、きめ細かい管理と治療を行います。また、インフルエンザの予防接種や健康診断も行います。

  • おなかの具合が悪い人物
    消化器内科 保険診療

     逆流性食道炎、慢性胃炎、胃・十二指腸潰瘍、ピロリ菌感染症、腹部膨満、便秘、下痢、吸収不良症候群、過敏性腸症候群などの胃腸の病気、および脂肪肝、慢性肝炎、肝硬変、慢性膵炎、胆石症などの肝胆膵の病気の診療を行います。

  • 漢方写真
    漢方内科 保険診療

     医学の進歩により、多くの病気が治り、さまざまな症状が軽快するようになりました。しかし現在でも治療が難しい病気や症状は少なくありません。その際に、西洋医学とは診療体系の異なるもう一つの医学「漢方」が役立つことがあります。
     古代中国の医師は、植物・動物・鉱物などの天然物の中から、薬となる「生薬」を選び出して分類し、さらにそれらを複数組み合わせて多くの漢方薬を作り、さまざまな病気の治療に役立つ診療システムを作り上げました。
     中国から伝えられたそのような生薬医学に、わが国でさまざまな改良が加えられ、治療効果を高めたものが、日本独自の生薬医学「漢方」です。西洋医学と漢方医学の併用や使い分けは、多くの病気の治療に有用です。
     さまざまな専門領域で漢方薬の研究が進んでいます。現在の治療が効果不十分な場合には、漢方治療を試みる価値があります。特に、がんやアレルギーなどの病気、高齢者、小児、女性の病気には漢方が役立ちます。
     なお、漢方治療は健康保険で受けられますので、つらい症状でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

  • 手を握りあう人物
    腫瘍内科(がんサポート外来) 保険診療+選定療養

     がんの治療では、がんの抑制と症状の緩和のいずれも重要です。
     がんの抑制の主役はがんを攻撃する手術・放射線治療・化学療法ですが、これらの標準治療以外に有用な治療法があれば紹介します。また漢方薬や栄養療法で患者さんの元気を回復し、間接的ながんの抑制をめざします。
     がん患者さんの訴える症状の多くは、漢方薬を含む統合医療で軽快します。また必要に応じて、サプリメント・運動・温熱・瞑想・ヨーガ・呼吸法・アロマセラピー・音楽療法などから、患者さんに役立つ治療法をご紹介します。

  • 鍼灸治療の様子
    鍼灸治療 自由診療

     鍼灸は、漢方と同様に古代中国で発明された医学です。はじめは石や骨などを用いて皮膚のツボを刺激する治療法でしたが、現在では主に金属製の針やモグサが用いられます。
     鍼灸は中国から日本に伝えられた後に、独自の発展をしました。古くから冷え・痛み・しびれなどをはじめ、さまざまな病気の治療に用いられてきました。
     鍼灸治療では、症状を改善するための特異的なツボを、鍼や灸(熱)で刺激して治療し、鍼によるうっ血の除去(刺絡)や電気刺激を行うこともあります。
     当院ではそのような治療に加え、背中から腰まで背骨の左右に並ぶ、五臓六腑につながる「兪穴(ゆけつ)」というツボを用いて、「補瀉(ほしゃ)」の手技により各臓腑のバランスを調整する鍼灸治療を行います。
     鍼による痛みはなく、治療後には、冷え・痛み・しびれ・だるさが軽快して、湯上がりのような爽快感を覚えます。がん患者さんの多くは、鍼灸治療により気力と体力を回復して元気になります。

  • 聴診器
    セカンドオピニオン外来 自由診療

     当クリニックでは、統合医療の立場から、がん患者さんやご家族のさまざまな疑問にお答えするための、セカンドオピニオン外来を開設しています。
     持参された診療情報、血液検査や画像のデータ、これまでの治療内容を十分検討した上で、それぞれの患者さんにとって有用と考えられる治療法を、「次の一手」として提案します。治療法の中には標準治療以外の治療法も含まれます。
     それに加えて、がん治療の副作用や後遺症への対処法を説明し、患者さんの体調をよくする方法を指導します。患者さんが気力と体力を回復してがんと共存し、あるいはがんとうまく闘うために役立つ、漢方、鍼灸、栄養、運動、温熱、呼吸法、心の調整法、サプリメントなどをご紹介します。

  • フルーツ
    点滴療法 自由診療

    点滴療法とは、症状や身体の状態に応じて、さまざまなビタミン・ミネラル・機能性成分を組み合せて静脈内に投与する治療法です。
    ビタミンや抗酸化物質は、口から摂取した場合と比べて、点滴で血管内に注入した場合には、その効果がより強力に現われます。
    ニンニク注射と呼ばれるビタミンB1誘導体を主成分とする注射は、だるさや筋肉痛に有効とされます。マイヤーズ・カクテル点滴は多くの慢性疾患に有効とされます。また高濃度ビタミンC 点滴は、美肌・美白・
    アンチエイジングやがん患者さんの体調改善を目的に、多くの医療施設で行なわれています。